うつ病の診断方法~医師による問診が大切~

気軽にできるココロのケア

気分障害を疑うなら

頭を抱える男の人

注意すべきことがあります

うつ病は気分や意欲が障害される疾患です。分類としては大きく2つに分けることができ、単極性うつ病と双極性うつ病とに分類できます。この二つの疾患は症状の違いでの分類で、単極性うつ病は、うつ症状のみが出現する疾患です。双極性うつ病はうつ症状以外に、躁状態といって気分が高揚し自分は何でもできてしまうと感じるなどの症状が出現する疾患です。医師からの診断時には、このどちらであるかをよく確認しておくことが重要です。自分は単極性うつ病と思っていても、実は双極性うつ病であったといったことが起こるからです。このような現象が起こる原因は、うつ症状も躁症状も自分では自覚しにくい症状だからです。自分の気分の状態を、常日頃から客観的にとらえる習慣がある人はあまりいません。むしろあまり気にしないで、日常を生活している人が大部分です。うつ病での入院が、疾患が進行してからになりがちな理由がここにあります。大半の患者は自分がうつ状態にあると認識できない場合が多いのです。結果として、疾患が非常に進行して、病院を受診する事となります。近年では、この様な現状に対して、具体的な取り組みが始まっています。企業がメンタルヘルスケアに力を入れ出しているのです。定期的な医師などによる問診やアンケートによって、うつ病を早期に発見するような取り組みが盛んに行われるようになっています。

問診を理解しよう

うつ病の診断は、医師が患者やその家族と時間をかけて、患者の性格や病気の症状、生育歴や地域の文化、風習まで調べます。このように様々な視点で患者の状態を分析して、やっと確定診断になります。そのため確定診断は、精神科の病院を受診してもすぐには見つかりません。うつ病と診断したが違う疾患であることがよくあるからです。診断を保留にした状態で治療を症状に対して行い、時間をかけて慎重に病名を判断します。診断の方法は、医師による問診が中心になります。患者がこの問診に答える場合には、医師との信頼関係が非常に重要になります。問診内容はとても個人的なもので、中には話すのが苦痛なものもあります。うつ病を発症している場合なら、問診においてストレスを発生させてしまう場合もあります。このストレスを感じるか否かも、医師との信頼関係によって変わってきます。この人になら全部話せる、といった信頼関係はストレスを大幅に減少させ、スムーズな問診を可能にします。精神科の診断は、問診が中心なので医師により診断が変わることがあることも知っておくべきです。自分が診断された疾患名に疑問がある場合、それ自体がストレスになります。そのような場合にはセカンドオピニオンを他の医師に求めることも重要です。

セロトニンが鍵となる疾患

患者と女医

幸せホルモンとして注目されているセロトニンは、脳内の神経伝達物質です。そして、これが不足するとうつ病を発症します。病院で用いられる診断方法はDSM-Vと呼ばれる方法です。これは職場や学校、家庭などでも簡単に行えます。

View Detail

早期治療が大切です

笑顔の男性医師

医療機関で問診を受けることにより、うつ病と診断される場合があります。話すときの様子や回答内容でうつ病かどうかを判断できるため、早めに問診を受けておけば治療も早く行えるでしょう。家族がうつ病と診断された場合は、家族ぐるみでの環境づくりが重要となります。

View Detail

精神疾患を治すには

病院

近年はストレス社会が進んでいると言われていることもあり、うつ病は、誰にでも起こりうる可能性がある珍しい病気ではなくなっています。少しでも症状が現れた場合は、自己診断をして、すぐに病院へ行くように心がけることが重要です。

View Detail

小さな兆候も見逃さない

診断

インターネット上にはうつ病の可能性を自己診断できるプログラムも多くありますが、素人診断に過信は禁物です。少しでも心当たりがあったら、迷わず病院を受診すべきです。精神科や心療内科の医師は小さな兆候も見逃しません。医師による正確な診断によって、心の健康を取り戻すことができます。

View Detail